幼稚園の先生を目指すなら

幼稚園

それぞれ違う免許状

毎日子供たちのあどけない笑顔に包まれ、一番大事な幼児期に接することができる幼稚園教諭は子供の成長に大きな影響を与える仕事でもあります。幼稚園教諭になるためには免許状が必要ですが、幼児教育を学ぶことができる大学や短大を卒業し、それぞれの幼稚園の採用試験を受けなければなりません。幼稚園教諭は保育士のように保育を目的とするのではなく、幼児期の子供たちを教育するのが仕事です。大学では「健康、人間関係、環境、言葉、表現」の領域について学び、幼稚園で遊びや活動を通しながら小学校に就学するまでに社会性を身につけさせるのも幼稚園教諭に課せられています。幼稚園教諭になるためには幼稚園教諭免許状を取得しなければならないのですが、大学院まで卒業すれば専修免許状、大学は1種免許状、短大では2種免許状を取得することができます。免許状で仕事内容に大きな差はないものの、より専門的に学ぶことができるのは大学や大学院ですし初任給に差がでてきます。以前は短大を卒業した人が圧倒的に多かったのですが、最近では大学卒の人も増えてきています。またあわせて小学校教諭免許状を取得できるところが多いので、幼稚園教諭だけでなく小学校教諭を目指すことも可能です。最近は保育園と幼稚園が一体化した「認定こども園」が増えつつあります。今後は保育士の資格と幼稚園教諭の両方を取得している人材を求められる時代になってくるはずですから、より活躍の場が増えるでしょう。